強行採決と採決


▼ページ最下部
001 2016/11/06(日) 21:37:30 ID:hnK9GFqjtg
日本は民主主義です。(前提)
そして時間は無限ではなく、様々な事を、期限を設けて決定していかなければなりません。(前提)
そして、どんな事案であっても100%賛成・100%反対という事もありません。(前提)
つまり、反対の方が納得していないからと言って、永遠に議論を続けるわけにはいかず、期限を切って採決していかなければならないのは当然の事なのです。(前提)

さて、今回のTPPの件、「強行採決」なんでしょうか?
野党が「強硬採決感」を演出していましたが、私には強行採決とは思えませんでした。
皆さまはどう思われますか。

ちなみに、私はこう思います。
野党がすべきことは「期間内に論理的合理的な説得力をもって翻意させる事」です。
それが出来なかった以上、多数決に従うのが民主主義の最低限の義務です。
採決の場でぎゃあぎゃあ騒ぎ、血相を変え、掴みかかり、それで仕事をした感を出している野党には失望を禁じ得ません。

返信する

002 2016/11/06(日) 21:56:47 ID:QBFmKxV.u2
与党=多数派が採決すりゃ、そりゃなんでも強行採決だよ。
反対してる野党=少数派の連中との話し合いが決裂したり、これ以上話しても時間の無駄、埒が明かない時は
野党を納得させる必要はない。与野党一致じゃないと採決できないのなら、国会議員なんて不要。中国共産党のような一党独裁の国家を目指すべき。
そういうのを解った上で野党は反対し、マスゴミも強行採決と大々的に報道する。そうすることで、安倍政権に少しでもダメージを与えられると信じているから。
HPフルに近い状態の安倍政権にとってはザコが繰り出すメラみたいなもんで、うっとおしいだけ。

返信する

003 2016/11/06(日) 21:58:52 ID:Y9/qmZVfQc
しかも審議拒否で議論まで放棄しての強行採決批判だからな

返信する

004 2016/11/06(日) 23:32:20 ID:Hx6jYqa0M2
日本をぶっ壊すような狂信的思想の集団とは、
どれだけ時間をかけて論議しても、埒が明かない。
論議には時間をかけるべきだが、許される時間は有限である。
結局最後は多数決で採決せざるを得ないが、狂信的な少数派はこれを強行採決と称する。
お前らに付き合って政治を延々と停滞させるわけにはいかない

返信する

005 2016/11/06(日) 23:36:05 ID:Om4dx5coow
まあ、民主主義を標榜したいのなら一票の格差を是正してからでないと駄目じゃないのか?

返信する

006 2016/11/08(火) 23:59:15 ID:zvA6B0RpmY
全員起立してるやん

返信する

007 2016/11/09(水) 06:21:44 ID:FLzFNKeR5M
>>5
その論法は極論すれば、理想的な神の如き裁定者が居なければ成立しない。
どんな制度だってゆがみやひずみはあるのだから、それは運営しながら微調整するしかない。
借金があるから返済終わるまで飲食禁止とはいかないだろ。死ぬわ。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:7 削除レス数:





政治掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:強行採決と採決

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)